自動車を高く売るコツを1番わかりやすく

自動車

自動車を高く売るコツを1番わかりやすく

 

クルマを乗り換えたいけど今乗ってるクルマはそのまま下取りで良いのかなぁ?

クルマの購入をするときに新しいクルマのことばかり気になり、自分の乗るクルマは古いから値段が付かないと自分で判断して諦めていませんか?

クルマを購入するときに今乗っているクルマの金額をもう少し気にすることで下取りが高く売ることができれば新しいクルマに払う金額を抑えることができます。

こんな人におすすめの記事です!

  • 初めて自分のクルマを売る
  • クルマの購入を検討してる方
  • 下取り金額の基準がわからない

下取りの金額に少しでも不満がある人は読まずに売ると損をします。

 

私は自動車ディーラーの営業を10年、自動車の買取り専門店で3年間営業をしてた経験があり販売するのも買取るのも両方していたので自動車を高く売るコツは誰よりも知っています。

 

自動車を高く売る為のロードマップを作りました。

 

下取りが高くなる仕組み

どうして同じクルマなのに下取り価格がバラバラなのか疑問に思ったことはありませんか?

1万・2万の差ならともかく、数十万円の違いが出ることも多くあります。

なぜそのような差が生まれるのかをまとめました!

クルマを売りたい人から買いたい人の所に届くまでにこれだけの人を経由しているので、ここに手数料や陸送費などが追加されていくので下取り価格と買取り価格の乖離が生まれます。

一番良いのは個人売買で売ることができればどこの買取り業者よりも高くうれますが、手続きなどが面倒なことをしたくない人には自社で下取りしたクルマを自社で販売する方式をとっている会社を探すことができれば買取り価格のUPは間違えないと言えます。

自動車一括査定サイトで金額を比べる

 複数の会社が競うから高額査定!一括査定.com

下取りの金額を基準に買取りの査定を比べる。

ここで利用するのが下取り価格を一括で比べることができる一括査定.comですが、複数の会社に査定を依頼することで自分のクルマの最高額を引き出してくれます。

下取り価格だけで判断するのはもったいないし基準が不明確なので1社で判断するのはオススメできません。

 

クルマの情報を入力すると近くの買取り店がピックアップされるので全社呼ぶと電話や対応で大変なので3社ほど呼べば良いと思います。

 

大手自動車買取店もこの中に入っているので自分で1社ごと呼ぶよりも手続きがスムーズにできます。

クルマを購入する場所で下取り金額を出す

クルマを買う時はグレードやオプション選びに夢中でなかなか下取り金額のことまで考える人は少ないかもしれませんが新しいクルマの見積もりをしてる時に査定も一緒にしてください。

 

その時に注意するのが下取り金額と新しいクルマの値引きの合算で下取り価格として提示してる場合があるので必ず値引きと下取りの金額を分けて提示してもらいましょう。

 

新しいクルマの値引きと下取り金額を一緒にすると本来の下取り価値があいまいで正確に比べることができません。

買取査定の確認点

3社ほど査定をしてもらい一番良い条件の所に売却しましょう。

ここで確認する大切な4つのポイントがあります。

  • 自動車税は買取価格に含まれているか。
  • 売却した後に返金などする場合があるか。
  • お金はいつ頃入金されるか。
  • 代車など必要な場合は貸してくれるか。

自動車税

自動車税は普通車は廃車にすると還付されます。

しかし車検が長く残っている場合は自動車税込みで金額を提示する買取業者が多いです。

買取り金額に自動車税が含まれているのかを確認して下さい。

税金は戻るのが普通ですが税金込みで買い取りしていますと言われると何も言えなくなってしまうので売った後に後悔しないように自動車税の確認は必ずして下さい。

 

軽自動車の場合は税金は戻りません。

返金

買取り金額が一番高い所に決めたが、後日返金を求められるケースがあります。

例えば修復歴があるのに隠して売却した場合やエンジンやミッションなどの重要な部位に不具合がある場合は返金になる可能性があります。

5年以内の車であればメーカー保証があるのでなんとかなるケースもありますが修復歴を隠して売却した場合は返金の可能性が高いです。

修復歴を知らない場合は伝えようがありませんが自分で事故をした場合は正直に伝えましょう。

このようなトラブルにならない為に買取業者によっては返金にならない為の保険があります。

保険の有無も確認しましょう。

お金はいつ頃支払われるか

お金の支払い時期も確認しましょう。

買取り業者によってはオークションでクルマを売却してから支払いをする業者もあるので注意しましょう。(車一括査定では厳選された業者しかいません)

クルマと書類がそろって数日で支払いされるケースが一般的です。

必要な書類

普通車 軽自動車
車検証 車検証
自賠責保険証 自賠責保険証
印鑑証明 申請依頼書
委任状 納税証明書
譲渡証 リサイクル券
納税証明書
リサイクル券

代車など貸してもらえるか

新しい車が納車になるまで代車を貸してもらえるかも確認しましょう。

車検などがない場合は代車が必要になると思いますが、その間レンタカーだと1日あたり数千円かかってしまうので代車の条件も確認してください。

売る会社が決まったら

普通車の場合は印鑑証明と実印が必要になるので早めに準備しましょう。

クルマを渡す前にナビやドライブレコーダーなどに個人情報が残ってるのでデータを消してもらいましょう。

クルマに貴重品など忘れ物がないかも確認してから渡しましょう。

こんな場合はどうする?

  • 査定してもらった後にクルマをこすってしまった。
  • クレジットが残ってる場合はどうすれば良いか。
  • 自分は悪くないのに事故してしまった。

査定した後にクルマをこすってしまった

クルマをこすった場合は自分で修理しないでください。

買取り業者は安く修理する事ができるので査定価格からはマイナスになりますが自分で修理するよりはるかに安いです。

クルマをこすった場合は買い取り業者にまずは相談してください。

クレジットが残ってるけど売りたい

クレジットが残ってるけど売りたい場合は2パターンあります。

1つ目

クルマがクレジットの残債を上回る場合

このケースだと買取業者がクレジットを返済してその差額を振り込んでくれます。

2つ目

クルマがクレジットの残債を下回る場合

このケースはクルマ買取業者に不足分の現金を渡して売却することができます。

 

クレジットが残っていたとしても売却はできるので相談してみましょう。

事故をした場合

事故をした場合修理しても修復歴になってしまうと査定価格が下がります。

買取りの金額が決まっていれば保険会社と交渉して修復歴になってしまった場合は同等額で支払いをしてくれる場合があります。

保険会社に確認しましょう。

クルマを高く売るコツまとめ

クルマの価格はその時の相場によって変動します。

下取りだけでなく買取業者と比べると金額が上がる場合がほとんどです。

信用ある営業マンにお任せも良いですが数十万の違いが出る時もあるので注意して下さい。

クルマの販売をしているとわかりますが、新しいクルマの金額は気にする人が多いのに下取り価格には関心のない人が結構います。

もちろんディーラーでは販売のプロとして営業していますが、クルマを高く下取りできるかは会社のルールの問題になるのでどんだけ優秀な営業マンだったとしても会社が同じであれば金額は変わりません。

営業に下取りの金額はこんなもんですか?と聞いてもこれがいっぱいです!か上司に相談します!と言って少し上がる程度です。

その相談をするよりも一括査定で金額を出してもらった方が確実に金額は高くなります!

自分の中でクルマの売却の判断基準をもてるように車一括査定を利用するのがおすすめです。


複数の会社が競うから高額査定!一括査定.com

タイトルとURLをコピーしました