在宅ワークのブログ記事作成

副業

在宅ワークのブログ記事作成

自宅待機が続き今後増えそうなのが在宅ワークです。

在宅ワークで仕事の案件を探すのにクラウドワークスやココナラなどいくつかプラットホームがあり自分の好きな仕事を受ける事が出来ます。

この中にブログの記事作成の仕事がいくつかあり、思う事があったので記事にしたいと思います。

  • 副業で記事作成の仕事をやろうと考えている
  • ブログの記事を書いたことないけど出来るか心配・・・
  • 記事を書く時の注意点などあったら知りたい

こんな悩みを持つ人におすすめの記事です。

私は現在ブログを2つ運営していて全て自分で記事を書いています。

クラウドワークスで仕事の依頼をしたくて登録した時に、ブログの記事作成の仕事があり内容の事で気になる点があったので記事にしました。

副業 記事作成の仕事 注意点

副業で記事作成の仕事を考えてる人も多いと思います。

文章を書いてお金が貰える。

これなら自分でも出来そうだ!と思い応募する人も多いと思います。

スキルアップ出来ると考えてる人もいるかもしれませんが少し意見を言わせて下さい。

単価が安い

いくら副業と言っても単価が安いと感じました・・・

1文字0.5円とかひどいものだと0.1円だったりします。

仮に2000文字のブログを1記事書いたとして200円です。

単価の安い物は初心者の人を募集していますが、いくら何でも安すぎると感じます。

副業で記事作成する人に言いたいのですが、200円稼ぐのに他人の為に書くのであれば本業を一生懸命やってお金を稼いだ方がよっぽど良いと思います。

スキルアップになる!

たしかにスキルアップに繋がると思いますが、最初の頃の2000文字の記事作成はかなり大変だと思います。

本当にスキルアップをしたいのであれば無料ブログでも良いのであなたの言葉として発信して下さい。

2000文字の記事を一生懸命書いてもその記事が、どのブログに使われていて、どのくらい読まれているかわかりません。

自分のブログであれば書いた記事がどのくらいPV数を集めてるのかを調べてどんな風に改善しようか試行錯誤することができます。

この思考錯誤も含めてスキルアップではないでしょうか?

記事を上手に書くのもスキルですが、自分の言葉として発信しないと何の意味もありません。

責任の所在は?

仮にあなたが何かのブログを参考にして記事を書いたとします。

訴えられたとしたらその責任の所在はどこにありますか?

とてもレアなケースですが、仮にコピペして記事を作成して納品して納品先もコピペかどうか調べずにブログを公開した場合は可能性が0ではありません。

安い単価で発注するくらい儲かっていないブログなので管理が適当な場合がほとんどです。

一番最悪なパターンは仕事の発注者も受注者も両方が初心者の場合は良からぬミスが起こるかもしれません。

万が一何かあった場合の責任の所在はどちらにあるかをはっきりさせて仕事を申し込みましょう。

自分でブログを始めてみよう!

せっかく情報を発信する知識や経験があるのであれば自分の言葉として発信して下さい。

自分では普通の事でも他の人が見ればすごい!と思ってくれる事があると思います。

在宅ワークを考えてる人は自分の中で何かを変えたい人だったり環境が変化した人だと思います。

お金を一番に考えるのであればもっと割の良いアルバイトはいくらでもあります。

スキルアップが目的なら自分でブログを始めて下さい

ブログ記事代行

0.1円のブログ記事を2時間かけて1記事完成させても2000文字で200円です・・・

時給にすると100円です・・

自分の時間の価値を決めていると、やる仕事とやらない仕事の線引きをはっきりするので安い単価の物は受けないようになります。

記事作成の仕事が悪い訳ではないですが、安い単価の物はやらない方が良いと思います。

定期的に仕事を発注してくれる所の方が信頼関係も築けますし記事作成の単価も良くなりますので誰でも出来る安い単価の物には飛びつかないようにして下さい。

在宅ワークのブログ記事作成まとめ

今後自宅にいる事が増え在宅ワークの仕事をやりたい人が増えます。

自分の価値を安く定めず単価の良い物を狙って応募するようにしましょう。

ブログ記事の作成を今後依頼する予定なので、1文字0.1円と一番単価の高い人の依頼ではどのくらい記事の質に差が出るかを記事にしたいと思います。

スキルアップをしたい人はぜひ自分でブログを始めて下さい!

良ければコチラの記事も参考にして下さい。

パソコンの知識ゼロからWordPressでホームページを作れるようになりました!

 

タイトルとURLをコピーしました