クルマのエンジンがかからない時にあると便利なバッテリージャンプスターターおすすめ3選

自動車

クルマのエンジンがかからない時にあると便利なバッテリージャンプスターターおすすめ

 

クルマのエンジンがかからない・・・

クルマを乗ろうと思ったらエンジンがかからない・・・

こんな不便な経験クルマを運転する人なら一度はありませんか?

JAFなどのロードサービスを手配したり他の車のバッテリーから繋げてエンジンをかけて応急的に処置をすると思います。

こんな時は不便な事をしなくてもすぐにエンジンをかける事が出来るバッテリーのジャンプスターターがおすすめです。

私は自動車営業をしていた時にお客様のクルマがトラブルにあった際は必ず持って行き何度も使用していました。

業務用で何度も繰り返し使用する場合は大きいジャンプスターターを使用しますが、個人で使うなら小さく安価な物で充分です。

個人で使うのに丁度よいバッテリージャンプスターターを3つ紹介します。

バッテリージャンプスターターおすすめ3選

日本語の取扱説明書が付いていて価格が安くて良い物をピックアップしました。

機能としてはどれも自動車なら問題なく使用できます。

1 GOOLOO ジャンプスターター

 

 

Anker Roav ジャンプスターター Pro

 

Anker Roav ジャンプスターター Pro (6.0Lまでのガソリンエンジン車・3Lまでのディーゼル車に対応)【 最大電流 800A / モバイルバッテリー機能 / 安全保護システム / コンパス機能 / LEDフラッシュライト搭載 / 専用ケース付属】
Anker
パワフルに素早くジャンプスタート:6.0Lまでのガソリンエンジン車のみならず、3.0Lまでのディーゼル車もジャンプスタートできます。1度の充電で約15回のジャンプスタートが可能です。

 

3 Arteck ジャンプスターター

 

Arteck ジャンプスターター 12V車用エンジンスターター 8000mAh ポータブル充電器最大800A LED緊急ライト搭載 スマホ急速充電器 24ヶ月保証付【日本語取扱説明書付き】
Arteck
車のジャンプスターター:頑丈な内蔵クランプとケーブル、また800 Ampのピーク電流で、離れた電子主回路を最大20回までジャンプスタートできます (最大5.0Lガソリン3.0Lディーゼル) 。

 

なぜ必要か?

自宅や外出先でトラブルになった場合ロードサービスを呼んでもすぐに来ない可能性があります。

エンジンが昨日まで普通にかかってたのに突然エンジンがかからなくなる時のトラブルはバッテリーが原因の場合が多く自分で繋ぎ方を覚えておけば誰でも簡単にエンジンをかけることができます。

最近の自動車保険にはロードサービスが付帯されていて無料で来て作業してくれますが、費用はかからなくても時間のロスを考えると使い方を覚えておけば役に立ちます。

自分で覚えるのが面倒な人も一度やればこれだけ?って思うくらい簡単なので知識として入れといても邪魔になる物ではありません。

ロードサービスを呼んでもなかなか来ないケース

  • 長期休みの時
  • ふだん雪が降らない地域で雪が降った時
  • キャンプ場などトラブル場所が僻地な時

長期休みの時はクルマを普段乗らない人や遠くに出かける人でトラブルの回数が増えます。

また雪が普段降らない地域で雪が降ると事故が増えてロードサービスの出動回数が増えるので来るまでに時間がかかります。

トラブルが増えるとロードサービスが来るのに時間がかかりせっかくの予定が台無しになってしまう可能性もあります。

またトラブル場所が遠い場所だと行くまでに時間がかかる場合もあるので、キャンプ場などの人里離れたところに出かけるときは注意して下さい。

バッテリーのつなぎ方

赤い方をバッテリーのプラス端子に繋ぎ黒い方をマイナスの端子に繋ぎます。

本当にこれだけ?ってくらい誰でも簡単にできます。

初めてバッテリーに繋ぐ時は間違えてクルマが壊れたらどうしようとか考えますが、1回やってみると使い方の説明いる?ってくらい簡単です。

クルマに取扱説明書があるので確認しながら作業すると失敗はしないと思います。

まとめ

バッテリーが上がってエンジンがかからない場合ジャンプスターターがあれば何の心配もありません。

アイドリングストップのクルマだとバッテリーの容量が大きく点検の時に交換おすすめされたけど少し高いからまだいいやと金額を聞いて交換を先延ばしにしてる人は注意が必要です。

バッテリーは突然エンジンがかからなくなるので早めに交換した方が良いですが、保険としてバッテリージャンプスターターを持っておくのをおすすめします。

1台あればどの車にも使えるので持っていても損はない物だと思います。

 

レジャーシーズンで行楽地に出かける際にバッテリーのせいで予定が台無しにならない為にも、もしもの時の備えはしておいた方が安心です。

 

合わせて読みたい記事はコチラ

クルマで出かける時にあると安心な物

タイトルとURLをコピーしました