自動車買い取りの仕事

自動車

自動車の買取の仕事

自動車買取の仕事って何するんだろう?

こんな人にオススメな記事です。

■Point
自動車買取業者はどんな会社なの?
自動車の買取に興味がある
中古車屋さんで働きたい
査定はどうやって覚えるのか知りたい

私は自動車買取店で働いていました。

自動車買取の仕事は未経験で入社しました。

期間は3年程でしたがその時の仕事内容や職場の雰囲気などを記事にしています。

仕事内容

来店客の対応、出張査定、自動車の仕上げ、を主にやっていました。

  • 来店客の対応

車を売りたい人がお店に来店します。

車を査定して希望金額などを聞き買取をします。

自動車の販売もしていますので、車を買ってくれるなら買取金額を上げたりしていました。

  • 出張査定

電話やインターネットで問い合わせのあったお客さんの家に行き査定をします。

その場で金額を提示して折合いが付けば交渉成立です。

  • 自動車の仕上げ

買取りした車をオークションに出す前に清掃をして少しでも良い状態に見えるようにします。

ボディも磨き、板金が必要な箇所は補修します。

仕事内容はとても楽しく自動車関係の仕事では個人的に1番好きな仕事でした。

■Point
基本的には待ちの営業です。車を売りたいというお客さんからのアクションを待ちアポを取り査定するのを繰り返します。査定は責任を持って自分でします。車を見ながらお客さんが嘘をついてないかも一緒に確認します。

入社初期

私の働いていた会社では研修制度があったので入社してすぐに2泊3日で自動車査定の事を研修しました。

実際の事故車を見てどこを修理してるか査定する研修でした。

とても為になる研修をしてもらえるので事故車はすぐにわかるようになります。

研修のなかで事故の部位を探すのに1番苦労したのはルーフの交換でした。

ボンネット、ドア、トランクが問題なく、事故車じゃないと私は判断したのですが、

ルーフだけ切って修理をしてある車で見落としてしまいました。

入社して驚いたのは1ヶ月もしないうちに積載車(自動車を1台積む車)を運転して一人でオークション会場まで行った事です。

それまでトラックを運転したことがなく、ましては数百万の商品車を運ぶのはとても緊張しました。

■Point
買取り会社の研修は専門性が高く、すぐに役立つもので1回覚えれば基本忘れる事はありません。査定ができれば自分が車を購入する時に騙されて事故車を掴まされることが無くなります。

出張査定

インターネットの出張査定を担当していました。

あなたの車いまいくら?

と広告を出している会社から情報を買ってアポをとって査定をして買い取るという仕事でした。

詳しい金額は言えませんが、あの情報はかなり高額だと思いました。

情報をもとにアポをとると100%他の買取り業者と競合します。(そもそも比べるサイトなので)

その中で一番高い金額を出して売ってもらいます。

この買取査定は後出しが一番強いのでどこの買取り業者も最終価格は言いません。

資料が少ない外車や旧車は他の業者も金額を出さない傾向にあるので1社が300万と言えばその金額が基準になってしまいます。

正直に言います。

どこの買取り業者も見ている資料は一緒です。笑

自分の会社に資料がない=他の会社も資料がない。

金額を出すのに本部や知り合いの業者に相談をしますが、

1社が金額を付けるとそれが基準になり思いのほか安く買えることもありました。

珍しい外車や旧車を乗っている人は出張査定よりも個人売買が一番高く売れると思います。

■Point
買取り会社の見てるオークション会場の資料は一緒でオーダーをもっている買取り会社は強いです。オークション相場と同等で買取ってくれる場合があります。

車をオークションへ

この時が1番楽しい瞬間です。

自分で買い取った車がオークションの出品画面に出てきます。

自分で査定した車の答え合わせが出来ます

事故車で査定した車がしっかり事故車になり修復の箇所もぴったりだととても気持ち良いです。

年に数回は事故を見落とす事もあります。

少し自慢ですが私の買い取った車をオークションに出したら1台で200万円の利益を出した事があります。

普段は絶対こんなに儲かりません。

■Point
買取り会社は自動車オークションに車を出品します。最近では自動車買取会社も販売に力をいれてるので自社の在庫として売れそうな車はかかえます。

査定いろいろ

査定をするのにも純粋に車を売りたい人だけではありません。

当時私は知らなかったですが査定をして4万円で買い取りますと査定をお客さんに伝えたところお客さんが査定金額をゼロにして査定の用紙を欲しいと言われたことがありました。

今まで少しでも高く買って欲しい人ばかりだったので、おかしいと思い店長に相談したら自己破産かなんかだから断れと言われました。

その時にいろんな人がいると経験しました。

■Point
査定をするのは車を売りたい人だけではありません。車の売買はいろんなドラマがあり、日常だと経験できないようなことを沢山経験できます。

職場の雰囲気は?

職場の雰囲気も良く先輩も親切に指導してくれました。

休日は週に1日定休日がありその日以外は仕事でした。

当時は若く体力もあったので頑張れましたがとても肉体的にキツかったです。

ただ仕事内容は自由なので精神的には楽でした。

働く会社で雰囲気は全然違うと思いますが、私が働いていたところは良かったです。

■Point
未経験の仕事だと上司に教えてもらいながら覚えていきます。人間関係の悪い会社だと成長スピードも変わってきてしまいます。人間関係の良い会社で働けるのが一番です。

転職理由

転職した理由は基本給を一律でカットすると言われた事でした。

同じ仕事内容で給料カットは納得がいかず退職しました。

またお客さんとの関係が希薄で営業よりも金額で見られる事が多くリピーターが増えなくてもっと深い人間関係を築ける仕事をしたかった。

現在も会社はありますが、働いていた当時と比べるとライバル会社も強くなっているので厳しくなっていると感じます。

■Point
お客さんは営業を見てる訳ではなく買取価格を見てます。例え今回買取れたとしても次も同じように比べられます。結果が出ているからといって過信して転職すると痛い目にあう可能性があります。

自動車買取まとめ

自動車の買取りの仕事はとても楽しいと思います。

販売を主にしてる会社と違いアフターフォローがないので買い取ったら終わりなので精神的にも楽でした。

お客さんは高く売れれば良いのですごくドライな仕事です。

また自分で査定をして金額を出すのでかなり責任ある仕事だと思います。

だまそうとして嘘をつく人もいるので用心深くなります。

中古車を見る目を養うことができます。

査定を一回覚えてしまえば退職したとしても事故車を見抜く力は衰えません。

1ヶ月100台は査定をするので経験は自動車ディーラーの比ではありません。

自動車販売の仕事をしたい人は買取の仕事をすると勉強になると思います。

 

合わせてこちらも読んで下さい。

自動車買取とディーラー営業を両方やった私がオススメする車を高く売る方法

 

タイトルとURLをコピーしました