クルマを買う時に電気自動車を選ぶ理由

自動車

クルマを買う時に電気自動車を選ぶ理由

 

電気自動車ってどうなんだろう・・・

気になるけど周りに乗ってる人がいないから不安。

 

クルマの購入を考えてるい人はガソリン代などの維持費は少しでも抑えたいと低燃費のハイブリッドやe-POWERなどの燃費の良いクルマを選択したくなるはずです。

クルマの使い方によっては燃費の良いガソリン車よりも電気自動車の方が本当は用途としてあってるのに電気自動車にするのが不安だと選択肢から外してしまうと思います。

電気自動車の不安をいくつかあげます。

  • 充電はどうするの?
  • 電気が無くなった時はどうするの?
  • バッテリーの交換する時は高いんでしょ?
  • 故障が心配・・・

いくらでも不安な理由は出てきそうなのでこの辺でやめますが、本当は電気自動車を選んだ方が良いのに不安で選択肢から除外してる人はクルマの購入を考える時は電気自動車も選択肢に入れて検討しても良いと思います。

 

こんな人におすすめの記事です。

  • 自動車の購入を考えている
  • 自動車購入の選択肢を増やしたい
  • 電気自動車に興味がある

 

私は自動車販売の仕事をしていた経験があり、お客さんの中には電気自動車の方が絶対に良いのになと思っていた人でも不安だからハイブリッドにする人を多く見てきました。

販売する立場だとセールストークになってしまうので販売しない所で良さを伝えようと考えたので記事にしました。

電気自動車を買った方が良い人

たくさん距離を乗る人

あたりまえですが、たくさん距離を乗る人はおすすめです。

理由はガソリン代より電気代の方が維持費が安いからです。

例えば1ヶ月1000㎞で計算すると

あなたは燃費20キロの車を乗っていると仮定します。

レギュラー140円として

1ヶ月の走行距離 ガソリン車 電気自動車(自宅で充電)
1000km 7000円 100円~300円
2000km 14000円 200円~600円

プラスでガソリン車だとオイル交換とオイルフィルターの交換が必要になります。

5000kmで1回交換するとして5000円程度とします。

ガソリン代とオイル交換の費用を含めて5年間乗ると・・・

5年乗った場合

5年間の走行距離 ガソリン車 電気自動車
60000km 480000円 18000円
120000km 960000円 36000円

ガソリン代とオイル交換の費用だけでも5年間乗った場合でこれだけの差がでます。

現在が古いクルマで燃費が10kmしか走らない場合10年乗ったらどうなりますか?

計算はしませんが多くのお金をガソリン代などの維持費として支払っています。

走行距離が多い人はガソリン車よりも電気自動車の方が維持費が安いことを理解いただけたと思います。

この金額には自動車税や車検などの整備費用の差額は計算していません。

細かく計算すると維持費の差額はもっと大きくなると思います。

太陽光の売電が終わる人

自宅で太陽光の売電をしてる人で導入から10年経過している人は電気の買取り保証が終わり買取り単価が下がっているはずです。

安い金額で電力会社に売るよりは自分で消費した方が良いと思います。

売電の保証が終わるタイミングで電気自動車の購入を検討する人はかなり多いです。

電気自動車はガソリン車に比べて車両が高い!

こんな声が聞こえてきそうなのでお答えしたいと思います。

新車で電気自動車を購入した場合は補助金をいれてもガソリン車と比べると割高ですがガソリン代まで計算すると走行距離によっては電気自動車の方が安くなる場合があります。

車種によって違いはありますがクルマを選ぶ時はガソリン代も含めた金額で選ぶと良いです。

自動車 維持費 合計
ガソリン 車両代 250万 480000円 298万
電気車両代         360万 18000円 361万

新車価格が250万円の車だとガソリン車の方が安くなりますが走行距離や燃費など細かく計算すると電気自動車の方が安くなるケースがあります。

自分の乗る距離で金額が変わってくるので計算してみる事をおすすめします。

電気自動車を買わない方が良い人

せっかちな人

せっかちな人は買わない方が良い理由は急速充電にあります。

遠出をした時に急速充電が空いていて30分で終わる時は良いですが、充電器が一杯の場合は前の人が30分、自分が30分で合計1時間待ちます。

サービスエリアなどで待てる人であれば良いですが、待てない人はあまりおすすめできません。

また冬になるとスタッドレスタイヤや暖房などで後続可能距離が減り充電時間も長くなるのでせっかちな人には不向きなクルマです。

一回に乗る距離が極端に多い

例えば東京から大阪を毎日仕事で使うような人はあまりおすすめ出来ません。

先ほどの急速充電の話と重なりますが、時間で仕事が決まってるような場合は急速充電の時間も含めて予定をたてる必要があり航続距離の短い電気自動車ではなくテスラのように長い距離を走れるクルマを選びましょう。

テスラのホームページはコチラ

毎日の走行距離が多いと毎日充電することになるのでストレスに感じる人はハイブリッドやe-POWERにしましょう。

距離をあまり乗らない

走行距離が少ないと電気自動車のメリットのガソリン代よりも電気代が安いという恩恵があまり受けられません。

環境のことを考えてどうしても電気自動車に乗りたい人は良いですが維持費のコスト面で購入を検討してる人はおすすめできません。

電気自動車は距離を走れば走るほど恩恵が受けられると覚えて下さい。

電気自動車を購入する時に心配な事

充電はどこでするの?

充電は多くの人は自宅でしています。

無料で充電できる場所もあるので一度購入する前に自宅の近くに充電器がどのくらいあるかを調べてから購入して下さい。

おすすめの検索はEVスマートで検索して下さい。

それっぽくインフラがと言ってる人の話は聞かなくて良いです。

現在充電器は全国に18000カ所以上あります。

コンビニのローソンの数が全国に15000店舗なのでローソンよりも多いのでインフラが整うのを待ってる人は電気自動車に向いていないので買わない方が良いです。

電気がなくなったらどうするの?

クルマの充電がなくなった時は走らないのは当たり前ですが、燃料が無くなればガソリン車も走らなくなるので一緒です

震災の時に一番最初に復旧したインフラは電気でした。

ガソリンを定量購入するのに何時間も並ぶのは大変だと思います。

電気自動車に乗っていれば復旧した充電施設で充電することができます。

自宅の太陽光と組み合わせれて太陽光で充電した電気をクルマを蓄電池代わりに利用しておけば停電時でも数日は自宅の電気を蓄えることができます。

電池を交換する時は高いんでしょ?

電池を交換する時は高いです。

交換すれば高いですがほとんど交換する必要はなく保証もあるので心配は不要だと思います。

仮にバッテリーが消耗してきた時は今まで充電を満タンにすれば400km走れたのが満タンにしても300kmしか走行ができなくなる・・・

こんな感じなので不自由を感じない人は交換せずにそのまま乗る人が多いです。

もし不自由に感じるのであればその時は買い替えのタイミングなので新しい車を購入しましょう。

クルマの故障が心配

ガソリン車と比べて部品点数が少ないのでそれだけ故障のリスクは減ります。

今までガソリン車を問題なく乗っていたのであれば心配なく電気自動車も乗れます。

逆にハイブリッド車は燃費は良いですが、部品点数がガソリン車と比べると多いので故障のリスクは多くなります。

電気自動車だから特別に故障が多いということはないので心配は不要だと思います。

おすすめ電気自動車

個人的におすすめの買い方は中古のリーフです。

電気自動車は中古市場であまり評価されていないので新車と比べるとかなり安く購入する事ができます。

ガソリン代で車買えるんじゃない?と思うくらい安い物もあります。

 

初期型のリーフはバッテリーの消耗も激しく距離が乗れないので最低でも30kwのモデルを購入するようにして下さい。

 

これからガソリン代が上がれば中古の電気自動車の需要は高まると思います。

まとめ

クルマの購入を検討してる人はガソリン代まで含めた金額で一度考える事をおすすめします。

ガソリン代も自動車を維持してく上で切っても切れない関係なので購入する時には電気自動車も選択肢に入れると良いと思います。

欲しい車があるのは幸せな事ですがクルマを消耗品としてコストと考えてる人には必要な考え方だと思います。

なんのクルマを購入すれば自分の手元のお金が減らないかを考えて購入しましょう。

 

あくまでもこの記事で伝えたいのは考え方なので細かい数字はご了承ください・・・

 

タイトルとURLをコピーしました